読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

88 MILES PER HOUR

#野球#映画#"Less is more"#財務系サラリーマン#日本語#トルコ語#英語(勉強中)

信じる

「総額1千万円プレゼント!!」という広告が嫌いだ

「1万人に1,000円プレゼント!!」と、書けよと常々思う 

1千万円という、金額は幻想だ

商品を売るときは、消費者一人一人を考えていると言うのに

売らずに贈与するときは

枕詞に「総額」なんてつけるんだから

消費者は所詮、十把一絡げにすぎない

朝三暮四に似ている。所詮サルということか

こんなに自腹切ってますよ。とでも言いたげだが

その声は届かない

「総額」なんて、関係ないんですけど

 

3人の客が、ホテルに泊まりにやってきた

一泊一部屋、30,000円

3人は、ロビーで一人10,000×3=30,000円を払った

清算を済ませた後で

3人が友達であることに気づいたホテルのオーナーは

フロントマンに「1,000円割引してやれ」と言った

1,000円を、3人に返そうと思ったフロントマンは

1,000円が3で割れないことに気づいて

900円を返すことにして、100円を自分のポケットに入れてしまった

 

結局、100円ずつ返金を受け取った3人は

一人、9,700円払ったことになる

3人で、29,100円

29,100円払って、900円返ってきた

返金の900円を足せば、もちろん30,000円だ

それでは、フロントマンがくすねた100円はどこへ消えたのか

 

お金とは、物々交換の簡略化で実は幻想だ

お金そのものに、その価値はない

お金の価値を信じるからこそ、お金は幻想から実在に姿を変える

この世で共通の最たる信仰対象は、宗教でも、愛でも、友情でもなく

お金に対する価値かもしれないと思ったら

100円玉は、100円の価値

千円札は、千円の価値

ギザ十は・・・・