88 MILES PER HOUR

#野球#映画#"Less is more"#財務系サラリーマン#日本語#トルコ語#英語(勉強中)

9日目

あ、増えてる・・・。

彼女はロシア人。

というわけで男1人と女8人と相成って、

友好の壁はさらに高くなりました。

閑話休題

今日、店で会ったおじさんは、

「俺の名前を日本語で書いてくれ」と言いました。

これは初めてのことではありません。時々、頼まれます。

そのおじさんの名前は「HALUK」だそうです。

ひらがな・カタカナは、まだいいんです。

ひらがなで「はるく」、カタカナで「ハルク」と書けばいい訳ですから。

悩むのは漢字です。漢字の多さは推して知るべし。

今回は「春句」と書きました。

それでよかったのかどうかは誰にも分かりません・・・。

また時々、

トルコの男性に漢字の刺青を見せ付けられて

嬉しそうに「ほら、見て♪」と言われますが、反応に困ります。

正直、当て字すぎることもしばしばで、本当の意味を教えていいものか悩みます。

カタカナの名前を漢字にするのは非常に難しいです。

ほら例えば、カトリーヌ=ドヌーブとか、

ナタリー=ポートマンとか、ジョニー=デップとか

スリジャヤワルダナプラコッテとか・・。

もし漢字で書けとか言われたら、手が止まりませんか?

しかも、相手に期待されているとしたら、その手は震えませんか?

「パ行」はやめてくれと、日々怯える私です。

坂を下れば黒海