88 MILES PER HOUR

#野球#映画#"Less is more"#財務系サラリーマン#日本語#トルコ語#英語(勉強中)

110日目

蚊ってイラッとくる昆虫ナンバーワンだと思います。

ハエ目カ科のあいつめ。

アンタルヤの夜は、もう夏の夜です。

キンチョウの夏です。

窓に網戸がないのがつらい。

というか、トルコで網戸を見ていないかもしれません。たぶん。

あったかな、網戸。アミド。

窓を閉めると、暑いし、眠れない。

窓を開けると、蚊が入ってくるし。

目をつむった時に時折やってくる、

耳元での「ブーン」といった蚊の羽音は、気に障ります。かなり。

何よりも釈然としないのは、蚊に刺された後に残る、やり場のない痒みです。

ただでさえ、血を吸われ、

あまつさえ痒さまでも与えられる屈辱は耐えがたい。

血を吸って、さらに痒くさせる。

性根が悪いとしか思えません。性悪。

献血でもすれば、ジュースをくれるというのに。

立つ鳥後を濁さず。を見習って欲しいものです。

あの痒みはの由来は、蚊の唾液によるアレルギー反応らしいですが、

あの痒みさえ残さなければ、人間から攻撃されることもなく、

それこそ「蚊取り線香」といった大量殺戮兵器の開発も、

「虫除けスプレー」といった防護品も、

ここまでの進歩はなかったと思われます。

なんで、痒くさせるの、ねぇ。

唾液による痒みをなくす→人間から攻撃が軽減→種の保存がより効率アップ

進化論とは、かくあるべきだ。

というか当の「蚊」が、人間に攻撃される理由が、

己の唾液にあると気づいてないのかもしれません。

これに早く気づいてもらうか、気づかせないといけませんね。 

蚊の面を拝んでやろうと、マクロで15分奮闘しましたが、逃げちゃってだめでした。