88 MILES PER HOUR

#野球#映画#"Less is more"#財務系サラリーマン#日本語#トルコ語#英語(勉強中)

117日目

サイトの更新は、近くのショッピングセンターのバーガーキングのネットLANを使用しています。 

学生の帰省も、小康状態になったようです。

先週までは、大きなキャリーバッグを引きずった学生とすれ違ったり、

友達とお別れをしたり、の一週間でした。

只今、寮内は閑散としております。

夏季休業中の小学校のような感じがして、なぜか懐かしさすら、こみ上げます。

困るのは夜の時間帯の過ごし方です。

今までは、夜は友達とバスケットやら、サッカーでしたが、

そんな友達は、帰省してしまいました。

最近といえば、もっぱらトルコ語や英語の勉強に費やされています。 

時々、日本語が恋しくなってしまう衝動は抑えられず、

トルコ生活の息抜きとしては、

日本の携帯で、小説をダウンロードして読んだりしています。 

日本に関する娯楽が手元にないので、

たまの息抜きは必要だと、自分を納得させています。

アンタルヤに唯一もってきた日本の芸術は、「草枕」だけです。

ひさしぶりに、日本語の活字の世界に触れると反射が起こるみたいです。

スポンジが水を吸いこむみたいに、

日本語が頭に入ってきます。

日本にいた頃は休憩が欲しくなる長編小説も、

集中力が途切れず読みきってしまいます。

情報をある程度制限するだけで、この威力。

情報とは、恐ろしいものです。

というか、ただ単に新しい日本の小説が読めなくて、抑えられていただけに、

その反動が大きかっただけかもしれません。

というか、今思ったのですが、

小説という芸術体系は、一気に読むものなのでしょうか。

私の場合、時間が取れれば一気に読みますが、

時間を見つけて読むほうが多かったように思います。

書下ろしは一気に読めるけど、

もとい、書籍化の前に連載あるしな・・・。

例えば、芥川賞直木賞などの選考委員の人は、

どのように読むんでしょうか。

一気に?それとも・・?

まぁ、小説っていうのは、映画と違いますからね。

映画は上映時間が決まっていて、

人生から切り取られる時間は鑑賞者に平等ですが、

小説といった芸術は、

例え一気に読んだとしても、

読む人によって、人生から切り取られる時間はそれぞれ変わってきます。

いつか映画の「休憩の有無」に意見した私ですが、

これに関しては、どっちがいいのか分かりません。

というか、そう考えれば、

小説に対する一応の評価ってナンダ?

やはり、いつも接していると鈍感になってくる反応も、

日常的から離れれば、違った意味で敏感に反応するようです。

勉強になりました。

成長には、それなりの抑圧も必要なのでしょうか。