88 MILES PER HOUR

#野球#映画#"Less is more"#財務系サラリーマン#日本語#トルコ語#英語(勉強中)

137日目

ピンと張りつめた空気。

布団から少し顔を出してみる。

冷たい空気が顔に降りかかって、まるで冷えた針が突き刺さってくるようだ。

再び布団にもぐりこむ。

布団の中だけが、体温でほのかに温かい。

時計を睨みつけて、勢いよく起き上がる。

寒さに反応して、反射的に体がこわばる。

白い息、かじかむ指。

フローリングの床は、さながらスケートリンクのようだ。

足の裏にトゲが刺さる。

窓から外を見る。

庭一面に霜が降りている。

バケツには薄氷が張っている。

大気は寒さを味方に付けて、そこに鎮座している。

霜を履んで堅氷至る。

これから厳しい冬がやってくる。

なんてひたすら考えても、目の前には灼熱の太陽。

現実逃避は、なかなか難しい。

ここは、トルコ。

ここは、アンタルヤ。

暑ー。痒ー。 

常に人は現実の前にひれ伏すのだ。