88 MILES PER HOUR

#野球#映画#"Less is more"#財務系サラリーマン#日本語#トルコ語#英語(勉強中)

145日目

自転車を買いました。

最近は、バス料金が値上がりして、

バス通学にかかる出費を月単位で考えると、安くはありません。

計算したら自転車のほうが安上がりだ、という結論に至りました。

自転車っていいですね、やっぱり。

いつ来るかもしれないバスを待たずに済むし、

思い立ったら即行動できます。

自転車に乗ると、目線も高くなって、見えてくる風景が変わります。

いつも歩き回っていたアンタルヤの市街地も、違って見えます。

ぜんぜん違いますよ、ほんとに。

何より、自転車は自分で風を作れるのが嬉しい。

路地裏を歩くのも楽しいですが、

自転車で路地裏をぶらぶらするのも楽しい。

海岸線を眺めながら自転車で走るのは、かなり感動します。

異国に長期滞在するなら、自転車はお勧めです。 

日本にいたときは、通学にロードレーサーを使っていました。

久しぶりにMTBに乗ると、新鮮です。少しぎこちない。

バーハンドルは街中を走るにはコントロールしやすいし、

タイヤが太いと安定感があるし、

サスペンションはバンピーなトルコの道路状況を考えれば、必需品です。

いかんせん、重たいですね、MTBは・・・・。

とりあえず、リアサスペンションありきの安いやつで探したので、

コンポーネントはどうなのと聞かれると・・・・・。 

「SAMURAI」・・・・サムライ・・。

台湾のメーカーですね。

「サムライも悪くないよ」

とは、自転車屋のおっちゃんの談。

シマナーな私としては、悩みどころでした。

シマノがいいなら、シマノに変えちゃろか?」

と言ってくれたのですが、

値段が5割り増しぐらいになってしまうので、あきらめました。

ごめんなさい、シマノさん。

でも、アンタルヤってほとんど坂がないんですよ。

だから、変速機の必要性ってそんなにないしな・・・。

だから、スプロケットにお金かけてもなぁ・・・・。と自分を納得させました。

あ、それと驚いたのですが、

トルコの自転車のブレーキって左右逆なんですよ。

日本だと、左がリアブレーキですが、トルコだとフロントブレーキなんです。

おっちゃん曰く、バイクも同様との事。

世界基準は、どうやら「右=リアブレーキ」みたいです。

これは、ヒトは右利きが多いため、咄嗟の急ブレーキが、

フロントブレーキだと前のめりに突っ込んだりして、

危ないからじゃないでしょうか。いえ、知りません。

じゃあ何で日本は逆なの?と聞かれても、なおのこと知りません。

これについても、「変えちゃろか?」と言ってくれたのですが、

まぁ、面白半分、興味半分で断りました。

車体が真っ黒なのも、シンプルで気に入ったのですが、

「これもともと、何所のメーカーやったの?」

「ん~、分からん」

頼めば何でも塗装してくれる雰囲気でした。

トルコでは、本物かどうか分かりませんが、ビアンキを良く見かけます。

ルイガノジャイアントは見かけませんね・・・・・。

アンタルヤを離れるときは、売るか譲るかするつもりです。

それまで、颯爽とアンタルヤを走ろうと思います。

名前をつけなくちゃな、名前は・・・・・ミフネ。

今日は久しぶりに曇りました。

日中に太陽が雲に隠れたのは何日ぶりだろう。