88 MILES PER HOUR

#野球#映画#"Less is more"#財務系サラリーマン#日本語#トルコ語#英語(勉強中)

177日目

ホームシックのホの字もありません、トルコにほの字。 

写真を執拗に取る習慣はあっても、

写真を飾る習慣が、日本人にはないように思います。

旅から帰って現像に出した後、己の旅路を写真を見ながら思い返す。

一度見たら、その後は、「押入れの肥やし」と化すことが大半じゃないでしょうか。

アルバムに挟まった写真は、果たして次に日の目を見るのはいつの日か。

とりわけ、家族写真を飾る習慣がないですよね。

私がトルコで訪問して思うのは、応接間に必ず家族の集合写真があるということです。

いくつかのアメリカ人の家も訪れましたが、上に同じ。

財布の中にも、家族の写真。

財布に家族の写真を入れてる日本人は、少ないんないんじゃないでしょうか。

私がトルコに家族の写真を一枚も持ってきていないことを言うと、トルコ人は驚きます。

でも、みなさんもそうじゃないでしょうか。家族の写真持ってますか?

「和を尊ぶ」というのは、どうも怪しいものです。

家族の絆というものは、私にはあまり感じられないものでしかありません。

羨ましいかどうかと言う問題は、また別の話ですが。 

「チーキョフテ

チーは「生」、キョフテは「キョフテ

キョフテ」というのは、トルコ料理のひとつ。

ひき肉や、野菜からつくることを考えれば

「ハンバーグ」と称してもいいんじゃないでしょうか。

キョフテ」は、普通は焼いた状態で食すのですが、

生のまま食べられるのが「チーキョフテ

味は、辛い。

日本人が生の魚を食べることに対して、顔をしかめるトルコ人に、

「君らも生の肉を食べるじゃないか」と引き合いに出すときに、

この「チーキョフテ」を私は使います。 

スーパーにて、せっせとチーキョフテを握るお兄さん。