88 MILES PER HOUR

#野球#映画#"Less is more"#財務系サラリーマン#日本語#トルコ語#英語(勉強中)

265日目

ポルトガル最終日。

友達とのんびりとくつろぐ、おしゃべり。 

リスボンではハロウィンも終わって、クリスマス準備に入ってます。

「クリスマス一色」って訳では決してないけど・・・・。

サンタも気が早い。

出発の地、サンタ・ポローニア駅。 

葡萄牙之総括~

友人との久しぶりの再会で、近況報告、情報交換もでき、充実した日々でした。

欧州へ絶好のスタートを切れそうです。

いろいろ、たくさんのことについてありがとう。としか言えません・・・。

もう一回書いておこう、どうもありがとう。

ほんとにお世話になってしまいました。

「楽しい」のヒトコトでした。

また箕面のあそこのあの辺で、お会いしましょう。

そちらも充実させてください。

かしこ。 

リスボンで印象深いことを以下に・・・・・。↓ 

「急な坂道」

「smartの車たち」

キリスト教

「国立古美術館で見た、狩野派の屏風と聖アントニウスの誘惑」

「安くておいしいポルトワイン」

ポルトガル人の適度な距離感の親切さ、譲る心」

金平糖は、ポルトガル語起源の”コンフェイト”であること」

「ユーラシアの端、ロカ岬」

「言語観と言語感」

「友達との会話」

「サグレスとラーゴスの綺麗な砂浜」

「韓国の学生はみんな英語がペラペラに違いないと思っていた偏見」

なんか、列挙してみるといろいろ書けそうに思うのですが、

初の「欧州」に浮き足立ってた感まるだしですね、落ち着け、俺。

後悔じゃないけど、反省。

「反省なら猿にもできる」ってあったけど、あれは嘘だ。 

この経験をロイター板にして、高く飛んで見せよう。

 つぎ、いってみよう。

次、行って見よう。

次、言ってみよう。