88 MILES PER HOUR

#野球#映画#"Less is more"#財務系サラリーマン#日本語#トルコ語#英語(勉強中)

281日目

オルセー美術館へ。

入り口に、馬とかサイ、あと象の像がいます。

美術の教科書で見覚えのある作品がたくさんあります。

マネの笛吹き少年、モネの睡蓮、ゴッホの自画像・・・、

ミレーの落穂に晩鐘、ゴーギャンのアレ、ルノワールのほら、アレとか・・・。

ホイッスラーの・・・アレ・・えーっと・なんやったかな・・・・たしか「母の肖像」だったと思います。

いつかのMr.ビーンの映画に出てきたアレです、分かりますか。

まぁ、それもあったんですが・・・・あれって、以外にでかいんです・・・。

映画の中で、ビーンは両手で持ってたと思いますが・・・・無理ッ、絶対に無理。

あんなでかいの両手でもてませんよ、実際。

あまつさえ廊下ですれ違ってたしな、ビーン。

ガリバーじゃないと持てません。

写真撮っておけばよかったですね・・・・大きさに感心してしまい、忘れました。

「配色」や「雰囲気」は教科書や画集通して微かに漂ってきますが、

「大きさ」による迫力は本物を見ないと感じれません。

画集や教科書で作品を見るときに作品の大きさは、ほとんど確認しませんからね。

実はとっても大きかったり、逆に小さかったり・・・。

まぁブリューゲルの作品以外は、ただ楽しく鑑賞するだけです。

館内はフラッシュ禁止で撮影は自由です。

でも美術作品を写真に撮っても、なんとなく「意味ないかなぁ」と思いまして、

作品の画像はネットに散らばってますし・・・。

作品中心の写真は取ってません。

関係ないのばっかり・・・。 

縦書きの存在感。 

今日の凱旋門・・と小さくエッフェル塔。