88 MILES PER HOUR

#野球#映画#"Less is more"#財務系サラリーマン#日本語#トルコ語#英語(勉強中)

Gabaで英会話を勉強しています。 vol.10 "LPA(=Learning Progress Assessment)"

Gabaで英会話を習い始めて約1年が経とうとしています。

消化したレッスンは90になります。

掛けたコストに見合った成長ができたのか?と言われると、

費用対効果をなかなか証明できないのですが・・・。

実感している点を以下に、述べます。

①英語学習が習慣化した。

②英語を話したいと常に思うようになっている。

③リスニングは飛躍的に向上した。(英語耳の獲得??)

④やればやるほど、「あーこう言いたいのに!」という不甲斐なさを感じる。

TOEIC/CASECのスコア向上(来月にCASEC受けてみます、果たして・・・)

 

そんな中、Gabaで2度目のLPAを受けてきました。

現在Level.6なのでLevel.7への適性度を見る目的です。

f:id:tn_88mairu:20170228132025p:plain

結論から言うと「もう少しLevel.6やりましょう」ということになりました。

LPAは12の評価項目に10以上の合格が必要です。

評価自体はインストラクターの先生に一任されているようです。

スコアは9/12でしたが、そんなものはあくまで指標でしかなく、要は改善の余地ありということですね。

 

◆LPAってどんなことをするのか?(あくまで私の場合ですが)

・特定の写真群から1つを選んで状況説明

・写真の人物の関係を様々に定義した場合の会話の想像

 ⇒上司と部下の関係だったら何と言ってると思う?(=これはいける!勉強したし!)

 ⇒友達同士だったら何と言ってると思う?(=カジュアル表現自信ないなー・・)

 

LPA後にレビューを受けるのですが、一番グサッときたのが、

「ちょっとMaybe使いすぎだね!」

不確定を表すときに"Maybe"や"Probably"や"Perhaps"等ありますが、

私は全然使い分けが出来ていませんでした。"Maybe"一辺倒なわけです。

先生に言われて「たしかに!」と膝を打ちました。

あとは「状況に応じて英語を崩した方がよい」とのこと。

たしかに慇懃無礼でないにしても、常に丁寧がベストアンサーではないですもんね。

つまりは「聞いてることに対しての返答は伴っているが、深さが無い。」

表現力が足りないということでした。

Gabaは英語レベルを10段階に分けており、

Level.6からLevel.7は「中級から上級へ」といった区切りでしょうか。

今後、上級レベルにあがるには表現力がもっと必要だそうです。

何も反論の余地がないので、もう少しLevel.6を勉強しようと思いました。

(テキスト代!別!)