88 MILES PER HOUR

#野球#映画#"Less is more"#財務系サラリーマン#日本語#トルコ語#英語(勉強中)

Strenghts Finder 2.0

Strengths Finder 2.0をご存知でしょうか。

米国発祥の「自己の強みを知る」分析テストです。

考案者は「強みの心理学の父」と呼ばれているらしいMr. Donald O. Cliftonです。

このクリフトンさんの考えを箇条書きすると、

  • 才能ある分野に投資すべき(才能×投資=強み)
  • 「努力すれば、なりたいものになれる」を信じるな
  • 強いチームは万能選手の集まりではなく、各分野に才能ある人の集まり

Strengths Finderでは強みを34に分類しています。

そのうち自己に当てはまる強みTop5を示してくれます。

自己分析で用いるDISCの質問(177個)に答えるだけです。

1問20秒の限られた時間で本能的な資質を見極めるようです。

私の結果ですが・・・・、

f:id:tn_88mairu:20171020095409p:plain

1.Maximizer(=最上志向)

2.Individualization(=個別化)

3.Ideation(=着想)

4.Arranger(=アレンジ)

5.Achiever(=達成欲)

そうなんだー、という感じなのですが、使い道としてはチームで共有することです。

チームのメンバーの強みをマトリクス化し、チーム全体が補完できているかを確認できます。

また次にプロジェクトをアサインする際のメンバー選考に使えるかもしれません。

自分の強みをどんどん伸ばしたいですね、弱点も克服したいですが・・・。

 

Strengths Finderは日本語にも対応しており、書籍にバウチャーが付いてます。

組織メンバー構成の把握に有用かもしれません。