88 MILES PER HOUR

#野球#映画#"Less is more"#財務系サラリーマン#日本語#トルコ語#英語(勉強中)

149日目

ふと、思ったのですが。

もしも、地球外生命体が見つかったら、

「宗教」はどうなるのでしょうか。

「神」が、生きとし生ける全ての創造主であるならば、

地球外生命体は、どのように処理されるのでしょうか。

それすらも神の創造したものだ、ということになるのでしょうか。

人間以上の知能を持つ蛸足の宇宙人、

単細胞、増殖だけを繰り返す地球外生命体。 

最近のニュースでは、

火星に生物がいた可能性が示唆されているらしいですが、

それって「宗教」的には、屁の河童なのでしょうか。

それとも、地球外生命体など存在しないのか。

「科学」っていうのは、時には「宗教」に喧嘩を売る行為なのかもしれません。

それでも、科学者のなかに「キリスト教徒」も「イスラム教徒」もいるわけで、

物事は、そう簡単にほどけてくれません。

たとえば、「科学」がタイムマシンを作ったら、

「宗教」はそれを容認するのでしょうか。

キリスト誕生も、二ケーア公会議も、

仏陀の悟りも、モーセの十戒も、

真実か、それとも嘘か、もしも確かめられたりしたら、「宗教」は「ギャフン」と言うのでしょうか。

日本の八百万の神様たちは、如何に考えているのだろう。

アレシボメッセージは、今頃どの辺りを飛んでいるのだろう。

天国で、地球外で死んだ生命体に出会えたらそれはそれで嬉しいです。

考えは巡る。メグル。

結論は、いろんな考え方ができるなぁ、ということでした。