読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

88 MILES PER HOUR

#野球#映画#"Less is more"#財務系サラリーマン#日本語#トルコ語#英語(勉強中)

210日目

なるか、感動の再会と思ったら・・・・。

同僚の人がつい言っちゃったらしいんですよね・・・「先日、来たよ」と・・・。

それでも、久しぶりの再会は、とても嬉しいものでした。

トラブゾンにいたときに、ぽつぽつと話していたこともちゃん覚えていてくれて・・・。

例えば、日本では写真屋でバイトしていたとか・・・。髪の毛は自分で切っているとか・・・・。

アンタルヤでも連絡は取り合っていましたが、

すごく心配していてくれたんだなと、言葉の端々から伝わってきました。

ムスタファさんは、家族の一員のように私を心配してくださって、嬉しい限りです。

「あ、その着ているベスト。こっちにいたときには持ってなかったやろ、アンタルヤで買ったの?」

と、言われたときは本当に驚きました。ちゃんと見ててくれてたんやなー、って。

トルコの人間関係、家族のつながりの強さに、いつもハッとさせられます。

仕事の後、晩御飯に招待していただいて、家族とも久しぶりの再会。

2人の息子さんも、奥さんも暖かく迎えてくれて、思い出話に花が咲きました。

といっても、ラマザン中なので晩御飯は、日が沈むまで我慢、我慢。

国営のテレビ局では、常に各都市の日没時刻が表示されています。

といっても、秒単位で、「3.2.1・0、いただきまーす」じゃなくて、

「あ、日没時刻を過ぎたね。それじゃあ、ご飯にしよう」といった感じ。

そこまで必死なわけではありません。

さすがに、みんな一杯目のスープを飲み干すのはとても早いです。

日の出からなにも口にしていないのですから、もちろん空腹でないわけがありません。

空腹を如何なるものか、体で感じるのも「断食」を行う理由のひとつであります。

ちなみに、今日の日没は6時40分でした。

日の出が、だいたい4時半ぐらいですから、その間は「断食」となります。

日が沈めば、あとはいつもどおりで、デザート見ながらテレビを見たり。

家族団欒の時間が続きます。

今日は、お家に泊めてもらうことに相成りました。

あしたの朝ごはんの為に、3時半起床の予定です。

就寝は、12時半。 

すごく綺麗なお家です。

トルコ人のお宅は幾つか伺いましたが、概して装飾がとても綺麗です。

あとは、もちろん家族の写真。