88 MILES PER HOUR

#野球#映画#"Less is more"#財務系サラリーマン#日本語#トルコ語#英語(勉強中)

22日目

今日は、ロカンタで働く「ムラットさん」と知り合いになりました。

トルコ人から見ると、

やはりアジア系の顔、

中国人、韓国人、日本人などは似ていて見分けづらいようです。

私がトルコで言われるのは、

「日本人?」が7割、

「中国人?」が2割

あとは「フィリピン?」とか「ラズ人?」などです。

まぁ、国籍なんて紙切れ一枚なので、

大事なのはきっとアイデンティティです。自我同一性ってやつ。

 

ムラットさんは、敬虔なイスラム教徒です。

お酒を全く飲みません。

「トルコ人の中にはお酒を飲むやつもいるけど、俺に言わせればダメだよ、

お酒はイスラム教が禁じているし、飲酒運転はだめだろ」

飲酒運転のくだりは、ちょっと分からなかったです・・・。

 

「君の宗教は?」

これ、困りますね。宗教って言われても・・・。

結婚式は教会で挙げるかもしれないし、

クリスマスには七面鳥を食べたいし、

PLの花火は綺麗だと思うし・・・。

私は、いつか本物の「コスモポリタン」になりたいです。

コスモポリタンです」

「何それ?」

「えーっと、無神論者です」

「何も信じてないんだね」

「そうですね、自分を信じています(←これ、自分で言って恥ずかしかったです)」

「日本は豚肉を食べるの?」

「食べますよ」(イスラム教では豚肉を食べることはタブー。でも食べる人は食べます。)

「日本人は魚が好きだろ?」

「好きですね、僕も好きです」

「日本の病院はどう?」

「ある程度保険が利きますけど、十分じゃないですね」

など、問答が続きました。

 

日本人の間では宗教の話はあまり話題にならないですよね。

クリスマスを祝った一週間後に神社へ参拝に行く。

そんなフレキシブルな日本人にしかできないことって、たぶんあると思います。

 

「あんたとは、神の話をしたいと思う。

あんたとは、心の話をしたいと思う。」(「黄金を抱いて飛べ」)

 

いろんな出会いが日々、あります。