88 MILES PER HOUR

#野球#映画#"Less is more"#財務系サラリーマン#日本語#トルコ語#英語(勉強中)

さようなら炊飯器、ようこそ土鍋。さようなら電気ケトル、ようこそ土瓶。

少し前から妻が食生活を見直し始めまして・・。

これまで底値を求めてスーパー巡りをたくさんしてくれていました。

生きる為に食うのか、食う為に生きるのか。

「とどのつまり"食"って大事だよね」という根本的な話でまとまりました。

食材を見直し、そして道具を見直しました。

結果、炊飯器⇒土鍋、電気ケトル⇒土瓶な訳です。

f:id:tn_88mairu:20170228122722j:plain

土鍋は「かまどさん」を購入しました。

土鍋で炊いたごはん、とっても美味しいです。

なんだかお米が自立しています!

使っていた炊飯器が古いのもありますが、ごはんがとっても美味しくなりました。

保温機能なんてもちろん無いのですが、冷めてもおいしいのです!

たとえ土鍋補正がかかっていたとしても、おいしい!と思うのです。

短所としては、

①陶器なので欠けやすい。取扱い注意。

②購入当初に「目止め」が必要。

でしょうか。

炊飯時間は賞味、炊飯器と変わりません。

お米を浸水させて、約10分炊いて、約10分蒸らす。

土瓶はお茶を淹れたり、コーヒー淹れたり。

(なんとなく電気ケトルより暖かみがあるような・・ないような・・・)

短所は「時間掛かる!」です。

お水もBRITAを始めたのですが、水道水よりとてもクリアで美味しいです。

幸い家族みんな健康体なのですが、治療よりも予防にお金をかけよう。

そういう訳で、食生活改善に努めたいと思います。

但し、電子レンジにはまだまだお世話になりそうです・・・。

Make oneself at home

異国の地で暮らすというのは目的が仕事や趣味、勉強に限らず大変です。

"at home"というのが大事なように思います。

"Please make yourself at home."というやつでしょうか。

チームプレイなら尚更かもしれません、ダフィー選手の活躍に期待です。

手前味噌になるかどうか分からない話

お味噌は大寒に仕込むのが良いそうです。

我が家も味噌を自作することにしました。

そんな備忘録です。

 

材料:大豆、生麹、塩

行程:①~⑧

①大豆を洗う

 ⇒結構水が汚れるので7-8回水を替えて洗いました。

f:id:tn_88mairu:20170123205505j:plain

②水に18時間漬ける

(漬けた直後)

f:id:tn_88mairu:20170123205507j:plain

(18時間後)

f:id:tn_88mairu:20170123205509j:plain

18時間後、水を吸って膨らんでいます。

f:id:tn_88mairu:20170123205512j:plain

f:id:tn_88mairu:20170123205514j:plain

塩麹を作る(塩と麹を混ぜます)

f:id:tn_88mairu:20170123205516j:plain

f:id:tn_88mairu:20170123205518j:plain

④大豆を煮る(=圧力鍋を使いました) ※お値段以上ニトリ

f:id:tn_88mairu:20170123205520j:plain

⑤大豆をすり潰す

 ⇒バーミックスのミンサーで潰すと潰れすぎ?な気がしました。

  3回に分けて潰しましたが、そのうち1回分はZiplocに入れて手で潰すことに。

f:id:tn_88mairu:20170123205523j:plain

塩麹と大豆を混ぜる

f:id:tn_88mairu:20170123205526j:plain

⑦甕(かめ)に入れる

f:id:tn_88mairu:20170123205532j:plain

⑧空気を入れないように

f:id:tn_88mairu:20170123210844j:plain

サランラップをして中蓋、重石をして新聞紙でクルクル、保管

f:id:tn_88mairu:20170123210847j:plain

熟成に10ヵ月掛かるようです。

味噌を初めて仕込んでみて思ったのは「先人の知恵はすごいなー!」ということです。

先人の知恵と努力の上で、のほほんと暮らしていていいのか。

とりあえず、おいしいお味噌ができますように。

 

【参考①:味噌の起源】

味噌の発祥と歴史|味噌のこと|知る・楽しむ|マルコメ

【参考②:味噌の作り方】

味噌屋が教える失敗しない手作りみその作り方 | 越前有機味噌蔵 マルカワみそ

NHK Eテレ "0655” と "2355"が相変わらずおもしろい "What a great video it is!"

NHK Eテレの「0655」と「2355」を毎日録画しています。

その中のコーナー、"1 minute garally"の作品に登場する"PES"の作品が素敵です。

特に好きなのは「Guacamole(=ワカモレ)」

調べてみたら2013年のショートフィル部門のアカデミー賞ノミネート作品だそうです。

①包丁の”切れ味”、②ユーモアに富んだ”食材”、③”料理あるある”。

何度もリピートしたくなる中毒性のある作品です。

【Guacamole】(最後のオチも素敵)

他のおススメ

【Submarine Sandwich】(絶対に食べられないのに美味しそう??)

【Western Spaghetti】(お湯の沸騰の再現シーンに注目!!)

以上、とっても素敵なPESさんの作品です。

今後の作品も楽しみです。

 

PESさんの公式サイト

 

SUNTO⇒Cheap CASIOに乗換

2012年に"SUNTO ambit"を購入しました。

丁度、米国に駐在していた時で、Amazonで買ったのですが、

履歴を確認したら$474(当時で¥38,000くらい??)でした、便利な世の中ですね。

登山や旅行時に酷使していたのですが、最近は機会もなくなり・・・。

このまま持っていても持ち腐れだなと思い、思い切って買取に出しました。

色々な旅行の思い出もあったのですが、会計的には不良資産になるかもしれません。

f:id:tn_88mairu:20170110205302j:plain

(メキシコ グアダラハラテキーラ村で標高を確認したくて撮った最後の雄姿)

買取査定の結果は5千円でした、購入から5年という時間と状態を考えると期待より高め?!でした。

SUNTOを売ったものの、デジタル時計は日常的に欲しい。

そこでCheap CASIO"F-91W"に乗換えました。

Amazonで¥966!

f:id:tn_88mairu:20170106112435j:plain 

使用感としては何も不満ありません、コスト以上のリターン(=使用感)です。

Casio F91W - Wikipedia

もうこれでいいんじゃない?!と思うと同時に、ブランドの付加価値って凄いっす。

Gabaで英会話を勉強しています。 vol.9 "How to speak English in my own way"

GABAでのレッスンも半分を過ぎ、残すところ僅かです。

英語を話す上で"最初に結論を言う"ことが大事だと思うのです。

何といっても語順は"SVC"ですから。

日本語という言語は二重否定、三重否定が得意ですから、

最後まで聞かないと、「結局どっち?!」と肯定or否定がはっきりしません。

 

例) 「~と思わないことはない」、「~と思わないことはないとは言い切れない」

 

英語を学習していて自分なりに(=in my own way)思いつつあるのは、

まずは「結論を言っちゃえ!」ということです。

英語は後から修飾させるのがとっても得意です。

所謂、"関係代名詞(=主格のwho/which、所有格のwhose、目的格のwhom)です。

私はGABAに通いだしたころ、質問に対して長考ばかりしていました。

頭の中で「~(=理由)で~(=理由)だから、~(=答え)です」

とつい日本語脳?で考えていました。

それがあるとき、とりあえずS(主語)V(述語)を素早く返すことを意識すると、

会話にリズムが生まれてきた、ような気がします。

V(述語)は後からどんどん飾っていけばいいことに気づきました。

この考え方が果たして合っている自信はないことはない(=二重否定)のですが、

なんとなくそんな気がしています・・・・。

凧揚げ

凧揚げしたいなと百均ショップへ

「高級奴凧」を見つける、絵柄も造りも伝統工芸風

「やっぱり百均は何でもあるなぁ(感心)」

でもよく見たら「装飾用(この凧は飛びません)」

 

凧は英語で"kite"

"kite"はトビ(鳶)の意味もあるそうです。

トルコ語では"uçurtma"(ウチュルトマ)

意味は「吹き上がらせるもの」